さあ今日から映画のレビューをすることにしたぞ!

まずは、コレ

ローグワンだ!

やっぱりスターウォーズが好きだからね。


去年のエピソード7公開日には、ボバコスプレで
鑑賞したくらいだからな。

01

02

エピソード7・フォースの覚醒を鑑賞中


さすがに今年は、去年ほどの盛り上がりは見られないな。

まぁスピンオフ作品だしこんなものだろう。


それで、映画はどうだったって?

なかなかよかったぞ!



後半はね。



前半は、いろいろな星を行き来して登場人物の
紹介と物語の背景を描いてはいるが、

何しろ誰が誰だか関係性がよく分からないわ、
どこにいるのかよくわからないわで、

さっぱり盛り上がらない。


何の話だこれは?
デススターの設計図を奪いに行く話じゃないのかよ。


そんな印象だな、前半は。



盛り上がるのは、


反乱軍の司令部の反対を押し切ってというか無視して、
独断で帝国軍本拠地へ少人数の部隊で潜入することを決めてからだ。


ここからラストのエピソード4へとつながるまでの展開は、
かなりアドレナリンが上がると思うぞ。


ベイダー卿が出る事でも話題になっていたが、
出番は少ないものの、その圧倒的な存在感と恐怖感と強さは、
十分に表現されていた。


キャラで個人的に好きなのは、あの謎の中国人?でフォースを信じる
盲目の坊さんのようなヤツだな。


名前はたしか・・・


そうそう、チア・ルートとか言ったな。

呪文のように「フォースと共にある」というような
言葉を唱え続けながら、

ここぞという時に、得意の棒術でストームトルーパーを
バタバタとなぎ倒したり、

ボウガンのような銃で、音を頼りに的確に狙い撃ちするなど
存在感を示していた。

その相棒?である、重武装の戦士、

ベイズも重火器を巧みに操り、ストームトルーパー軍団を
殲滅したりと大活躍してくれて頼りになるヤツだったな。


やっぱりこういうちょっとレールから外れているようなヤツらが好きだ。


残念なのは、肝心の主人公の女性、ジンの存在感が薄いことだ。

元帝国軍で、デススター開発の中心人物だった父と突然離れ離れに
なり(母も目の前で殺される)辛酸をなめたという事だが、

キャラが立っているとは言い難かったぞ。
少なくとも感情移入は、できなかった。


それでも戦闘シーンの迫力やスターウォーズのお約束など
往年のファンがニヤリとするシーンももちろん盛り込まれているから
安心してくれ。



というわけで、たぶん前半は退屈するだろうな、
特にそれほどスターウォーズのファンではない人はね。


往年のファンでも、もっと簡潔にまとめてくれた方がいいと
思うのではないかな。


しかしラストシーンを観ると、
そのままエピソード4を観たくなってきたぞ。


すでにローグワンを観た君もエピソード4を観たいだろう?


スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望 (字幕版)


他のレビュアーのレビューはここから

映画評論・レビュー ブログランキングへ